どんな店があるの? | 利用すれば誰もが楽しめる素敵な男のお店、風俗店へ行ってみよう
menu

どんな店があるの?

白いブラウスを着ている女性

風俗店を利用したことがない人に対して、この店はこういうことができてこういう特徴が合って……といった店の事をいきなり言ったとしても、一体何がどういうことなのだろうか、という疑問しか頭に浮かびません。
そんな疑問が発生しないようにするためには、風俗店を利用したことがない人のほぼ全員が持つ疑問である「どういう種類の店舗があるのか」という点に対して答える必要があります。
まず風俗店の種類というのは大きく分けて2種類の方法で種類分けができます。
1つ目は店舗の営業形態での種類分けです。
この方法での種類分けというのは、実際に大阪などにある歓楽街で店舗を持って営業をしているか、それとも実店舗を持たずに営業しているか、という分け方ができます。
実店舗を持って営業している風俗店は「店舗型風俗店」と呼ばれるもので、一般的に風俗というとこちらの種類の店舗が指されることが多い傾向にあります。
そして店舗を持っていない風俗店は「無店舗型風俗店」もしくは「出張型風俗店」というような呼ばれ方をしています。

もう1つの種類分けの方法は、店舗で提供しているサービスの内容に対しての種類分けです。
こちらの分け方の場合、基準となるのは「誰もが受けて楽しめるサービスか、それとも特定の趣味嗜好が無いと楽しめないか」という点です。
誰もが楽しめるサービスを提供している店舗は一般的に「利用しやすい店」と言われたり、得に何も言われずただの風俗店と呼ばれます。
では特定の趣味嗜好が無いと楽しめない店はどう言われるかというと、こちらは「利用しにくい店」と言われたり「マニア向けの店」という呼ばれ方をします。
風俗店を利用する際には、これらの種類分けの方法について知っておきましょう。